宮崎県宮崎市で活動中のドッグトレーナー「HTH DOG SCHOOL」の活動ブログです。

宮崎県宮崎市で活動中のドッグトレーナー「HTH DOG SCHOOL」の活動ブログです。

イヌ1 イヌ2 イヌ3 イヌ4 イヌ5
 › ドッグトレーナー HTH DOG SCHOOL › しつけ

2018年09月04日

台風が過ぎて

皆さん、おはようございます。

台風21号が過ぎていきました。

宮崎は影響が少なかったようですが、

これから四国、近畿地方に上陸すると言われています。

被害が出ないように祈るばかりです。


早くも9月になり、少しずつワンコにとっても過ごしやすい季節が近づいてきています。

8月は皆さんと川に泳ぎに行きましたが

冬には雪原でワンコを思いっきり走り回らせたいなんて考えています。

ただタイヤチェーンを用意しないと行けなかったりとハードルは高いのですが

飼い主様とワンコが楽しめるように今後も様々なことを考えようと思います。

今後ともよろしくお願いします。



もう青空がのぞいてきましたね。

それでは仕事行ってきます。

皆さんも今日一日を頑張ってください









  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 09:14Comments(0)しつけ

2018年06月23日

褒めないトレーニング(褒めるヒント)




皆さん、こんにちは

今日はスクールはお休みです。

良く雨が降りますね。

これだけひどく降ると、どこにも行けません。

写真はお子たちのための椅子です。

中古で購入したのですが、ベルトが汚れていたので

使ってなかったロングリードを使ってベルトを作りました。


さて、本日のお題です。

「褒めないトレーニング」(褒めるヒント)

今日の題名は少し矛盾していますね。

褒めないのに、褒めるヒント

「褒めないトレーニング」どのようなことを想像するでしょうか?

ネガティブなイメージでしょうか?

安心してください。ネガティブな話ではありません。

褒めないトレーニング???

怒るトレーニング??

叱るトレーニング?

ではないということです。


日本人はどちらかと言えば褒めることが苦手です。

御客様にも褒めるようにアドバイスしてもどこかぎこちなくなります。

これは褒めることに慣れていないことと

褒めるには相手がいて、相手のことを褒めるからです。

ここで褒めるヒントです。


褒めることが苦手であれば褒めなければいい・・・・・

褒めるということはそもそも難しい

ならば褒めなければいいじゃないか!!!!


「そんなのトレーニングではない」と言われそうですが

褒めなくてもトレーニングは出来ます。

むしろその方が良い場合もあります。

どいうこと・・・・


自分の感想を伝えればいいのです。


そもそも褒めるという行為は目上から目下に行う行為です。

部下が上司に対して「よく頑張りましたね」というのは

ふつう使いません。

その逆はありますが

だからと言って目上目下が悪いわけではありません。

ようは一つの考え方です。


ワンコに感想を伝える

スワレと言って、座ってくれた

「すげーーーーーー」「やったーーーーーーー」「うれしいいいい」

など

コッチの方が自分の気持ちを表現するだけなので簡単です。


想像してみてください

契約取れて上司から

「良くやったな」

「契約取れて俺も嬉しいぞ」

どっちが良いですか?

ようは褒めるにしても、感想を伝えるにしても

ワンコを喜ばすことが出来ればトレーニングは成り立ちます。


最後にこんな話

貴乃花が優勝した際に小泉首相が

「痛みに耐えて良く頑張った、感動した」

これは褒めてます

「痛いのに耐えてすごい、感動した」

これは感想です。



後々

スワレに対して答えてくれたワンコに何も思わないというようであれば

トレーニングはしない方が良いかと







  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 16:03Comments(0)しつけ

2018年05月22日

早い方が良い




皆さん、こんばんは

今日は一日中、雨でした。

少し暑くなり始めてムシムシもして来ます。

こうなると蚊も発生してくるので

すでにフィラリアのお薬を始めているワンコも多いのではないでしょうか?


少し脱線しますが、地球上でもっとも人間を殺している生物は蚊らしいです。

蚊は病気を媒介しますからね(蚊たちは全くそんなつもりはないと思いますが)

ちなみに2番目は人間(戦争や紛争など)

ワンコも残念ながらランクインしており4位だそうです。

年間25000人もの人がワンコによって・・・・ということになります。

ただしこれはワンコに咬まれてということよりも狂犬病感染によるものが多いのではと推測します。


さて話を戻します。

「早い方が良い」

スクールには様々な困りごとを抱えた飼い主さんからの相談が御座います。

最近、当スクールで多いお悩みは

「人間を咬みつく」というものです。

正直、ワンコの問題行動の中では

最上級に厄介なものになります。


ここで皆さんにお伝えしたいことが

みなさんためにも、ワンコのためにもオブラートに包むことなくはっきりと言います。

「なぜもっと早くに相談してくれない」

どんな問題行動もそうですが、早く対処した方が絶対に早く解決に向かいます。

放っておいても99%悪化します。

大人になったら落ち着くというのは、環境が良ければの話です。

「本気で咬んでくることはない、だから大丈夫!!」

という飼主さんもいます。

でもそれは

子供がナイフを持って、脅してきているようなものです。

この状況で

「刺してはいないから、大丈夫!!」

と言える親はいないと思います。


早く問題解決に取り組むことは、飼い主さんのためにもなりますし、ワンコのためにもなります。

困ったことがあったら早めに相談されることを強くおすすめします。

もちろん当スクールでなくとも「宮崎 犬 しつけ」と検索すれば相談先も見つかると思います。


それと相談することを恥ずかしいと思う必要は全くありません。

どんな飼い主さんもワンコも、大なり小なり問題行動に悩むことはあります。

その相談を受けて飼い主さんの気持ちを軽くするためにも私たちはいます。


少し口調が厳しくなったかもしれませんが

一歩踏む出すためには飼い主さんの力が必要です。





  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:00Comments(0)しつけ

2018年05月08日

「マインドフルネスを勉強してみよう」

皆さんこんばんは

GWもあっという間に終わって、奄美・沖縄地方では梅雨入りしたみたいですね。

時間が進むのが非常に速いです。あっという間に九州も梅雨入りしそうです。


さて今日のお題

「マインドフルネスを勉強してみよう」

マインドフルネスという言葉皆さんは聞いたことあるでしょうか?

私は聞いたことがありますが、何か?と問われると????です。

マインドフルネスとは(Wikipedia参照)

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり[1][2][3]、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる[2][4][5]。マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がなされることもある[6]。


説明を読んでも????です




瞑想などを行うことでマインドフルネスを体得できる?

そんな感じのようです。ざっくりしすぎですね。


瞑想というと宗教チックな感じがしますが

マインドフルネスの体得できるとワンコにも良い影響を与えるではないかと考えました。

だから勉強しようと

何よりもゆっくりとした時間はワンコにいい影響を与えます。




ちょっと勉強してみます。  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:00Comments(0)しつけ

2017年10月19日

あなたの犬はどっち??

皆さんこんばんは

毎日、毎日雨ばかり

台風も近づいているようですね。

今日のブログは

「お手おかわり」に関してです。


一般的に犬を飼うと良く教える動作が

「お手お代わり」

です。

多くの犬が出来るのではないでしょうか?


さてこの「お手お代わり」はタイプがあるのをご存知でした。

「あなたの犬はどっち」

1.脚を上げるタイプ

2.脚を降ろすタイプ


要はワンコが「お手お代わり」をどの様に理解しているかです。

脚を上げることなのか?手のひらに脚を載せることなのか?

調べ方は簡単です。

ワンコの前で手を出して、「お手、お代わり」をさせます。

この時のポイントは出した手を動かさないことです。(いつもとは少し低めに手を出すと分かりやすいです)


「脚をあげること」と理解してる犬の場合は、手に載せることは出来ません。

「脚を手に載せる」と理解している犬は、手に出来ます。


因みにこれはどちらがすごいというわけでもありません。

飼い主さんがどのように意識して教えたか

ワンコがどのように覚えたかです。



人間がどのようにイメージしたかによって、一見同じに見える動作も違って覚えることがあります。

私たちは犬が理解しやすいイメージで教えてあげることがとても大切です。






  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 19:02Comments(0)しつけ

2017年09月17日

大丈夫でしょうか?

皆さん、こんばんは

宮崎は台風が通り過ぎました。

県南では大きな被害はなかったようですが、県北や大分県では大雨により河川の氾濫など被害が大きかったようです。

皆様は大丈夫でしょうか?

これから台風は北上するようなので、さらなる被害が出ないように祈るばかりです。


スクールは一部でお休みにして、お客様に直接連絡させて頂きました。


宮崎市は大きな被害はありませんでしたが、今後も油断しないようにしなければいけませんね。

特にワンちゃんやその他ペット等を飼っている方は、一緒に避難する必要もあるかと思いますのでシミュレーションが必要です。

ワンちゃんの場合にはクレートトレーニングを行い、クレートの中でゆっくり過ごせるようにしておくと緊急時にとても役に立ちます。

いつ起こるかわからない災害ですが、日ごろのしつけがこのようなときに力を発揮します。


因みにクレートとはこれです。

  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 16:57Comments(0)しつけ

2017年04月27日

犬のしつけが上手くいかないときは

みなさん、こんばんは

人間にとって一番のパートナーとなる動物と言えば

間違いなく犬でしょう。

(少なくとも私はそう思います)


しかし時として、最高のパートナーが悩みの種になることもあります。

その一つが、しつけが上手くいかないときです。

猫はしつけをあまり必要としないのに

なぜ、犬はしつけをする必要があるのでしょうか?

それはスマホに似ているかもしれません。(例えが微妙ですみません)

スマホは自分の好きなアプリを入れたりして、自分色に変化させることも可能です。しかし時にはメンテナンスをしないと不具合が出てきますし、悪いアプリを入れたら便利な機器が途端に危機をもたらす存在に変化します。

その点、猫はガラケーかもしれません。基本中身は変えることはできません。こちら側の意図で変化させることは難しい存在です。(猫を悪く言っているつもりは微塵もありませんので・・・・)

犬のしつけが上手くいかずに頭を抱える方は沢山いらっしゃいます。

残念なことですが、「イヌなんて飼うんじゃなかった」と思う方もいます。


犬のしつけが上手くいかないときにはどうしたらいいのでしょうか?

少しでもヒントになればと思います。


笑いましょう

「悩んでるのに笑えるか」と突っ込みが入りそうですが、犬の前でいつも怪訝な顔をしていれば上手くいくことも上手くいきません。

笑いましょう


犬の良いところを発見しましょう

どうしても、しつけにうまくいかないと悪いところばかりに目が行きます。
「その犬に良いところ」はありませんか?
良いところで悪いところもカバーできます。


行動に目を向けてください

しつけを行うときに感情的に考える必要はありません。

誰でも苦手な人はいますが、向こうもあなたのことが苦手だとは限りません。


褒める回数を今の10倍に

しつけに困っているのに褒めることはできない?

そんなことありません。褒めることは沢山あります

そこに存在するだけでも、褒めポイントです。


黒を白に 赤を青に

何も根拠がなくても構いません。

変化してください。

上手く行かせようと変化できないよりも、先ずは変化です。

変化すればパートナーは変化します。

どうせ、正解のない世界です。

間違いから学べることもあります。





多くの方が、犬と出会います。

その出会いが、我々人間にとっても、犬にとっても

「会えてよかったわ」

と言える出会いになることを願います。




  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 21:28Comments(0)しつけ

2017年04月22日

「威厳ってどこに売ってますか?」

皆さんこんばんは

皆さん、

「威厳ってどこに売ってますか?」

コンビニ、ホームセンター、薬屋さん

私は威厳を求めています。

だって威厳を持っていると、犬が言うこと聞きやすくなると本に書いてありました。

この仕事をやっている私にとっては持っとかないといけないですよね。

「誰か教えてください、威厳は何処に売ってますか?」

・・・・・・・・・






よく「しつけ」の本や「しつけ」の情報が載っているサイトなどに書かれています。

「威厳」ある態度で犬と接しましょう。

「威厳」をもってコマンドをだしましょう。

????


威厳って何よ

威厳とは・・・・・
堂々として厳かな様子


厳かって必要かな?


ないよりはあった方がいいかもしれないけど

威厳よりも重要なものはたくさんある

楽しさとかね

嬉しいとかね


そもそも、わかりずらい

「威厳をもって」と言われても

どうしていいかわからないですよね。

お客様が理解できない言葉は使わないようにしないと

なんとなくの言葉で逃げないようにしないと

心がけるべきことは沢山あります。  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 09:22Comments(0)しつけ

2017年04月20日

個犬攻撃の罠

皆さんこんばんは

今日はワンコのしつけに関して書きます

みなさんは

「個犬攻撃の罠」

という言葉をご存知でしょうか。

・・・・・

そんな言葉は多分ありません

ごめんなさい

しかし、こんな言葉はあります。

「個人攻撃の罠」

勝手に人を犬にアレンジしました。

パフォーマンスマネジメントという分野で使われる言葉です。

読んで字のごとく

行動を管理する分野です。仕事やスポーツなどに応用されます。


実はこの分野はワンコにも大いに応用されている分野でもあります。

我々のような職業を

ドッグパフォーマンスマネージャーと表現することもあります。(なんかカッコイイ‼)



で、「個人攻撃の罠」という言葉ですが

例えば、

自分は意志が弱いから、ダイエットが続かない



あいつにはやる気が感じられない、だからミスをするんだ

とか

気合が足りんから、負けたんだ

みたいなことで、上記はすべて個人攻撃の罠になります。

(ひと昔前の野球部のよう)

「個人の特性や適性などのせいにしてしまう」というものです。

パフォーマンスマネジメントは

個人攻撃の罠にはまることなく、行動に注目して、あらゆる手法を使い行動を変化させる

考え方です。


でワンコ・・・

個犬攻撃の罠

はまっていないでしょうか?

頭が悪いから、覚えが悪い

怖がりだから、人に吠える

人間をなめてるから、言うことを聞いてくれん

などなど

実に数多くの個犬攻撃の罠に陥った飼い主さんの叫びをたくさん聞いてきました。


このような考え方では解決法はなかなか見つかりません。

見つかっても時間がかかることがほとんどです。(頭が悪いからDHAでも飲ませますか?)

犬の場合も重視すべきは行動です。

行動を変えることは簡単です。

性格や適性を変えるよりは・



余談

そうはいっても性格や適性などが全く行動に関係していないかというとそうではありません。

しかしそれらが行動に与える影響はごくわずかだと言われています。





  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:21Comments(0)しつけ

2017年04月08日

信号機の話をしてみよう

皆さんこんばんは

今回は信号機の話をします。

私はほぼ毎日車を運転しているので当たり前のように信号機を通過します。


信号機は交通をスムーズにいかせるための3色の光を発光する道具です。

ここで皆様に少し考えて頂ければ・・・・・


信号機って合図ですか?命令ですか?



私のなかでは命令は強制力のあるもの、合図は強制力のないものと捉えています。

さてどっちでしょう????


答えは(私なりですが)

信号機は合図です。信号機は強制力を持ちません。
でも強制力がないと交通事故が沢山起こるし、実際ほとんどの人が信号機の合図を守ります。
実は強制力は信号機にあるのではなく信号機のルールを決める法律にあります。
例えば道路工事の時に簡易の信号機が設置されます。
あれも合図です。さらには法律的な強制力もないため残り5秒ぐらいで対向車が来ないと発進する人が多いぐらいです。真面目に青信号になるまで待っているとクラクション鳴らされることも・・・
信号機自体に強制力があればそんなことはしないはずです。


感覚的な話をしてみます。
私の感覚的には赤信号は命令、青信号は合図って感じです。
赤は「止まれ」、青は「進んでもいいよ」
そんな感じです。
実際、赤信号を無視する人はいますが青信号を無視して動かない人はいません(気づかない人はいますが)



ここまで信号機の話をしてきましたが何のことでしょうね。


ハイ、ワンコです。


イヌのトレーニングをするときにはコマンド(命令)を使うことが一般的です。

昔はどうだったかわかりませんが、最近ではコマンドという言葉を命令という感覚で使うことは少なくなってきています。

コマンドという合図と言ったらいいのか、ただの合図を出すといった感覚です。

命令に従うようにトレーニングするというより、合図を見逃さない様にやる気を高めるトレーニングを行います。

信号機と同じように命令されるとイヌも人間と同じで無視したくなる時があるんですよ

だから合図を使います。



さらにさらに

「そうだ、合図を使おう」

という単純な話ではありません。だって命令か合図かを決めるのは受け手側です。

いくらこちらが「これは合図ですよ」といったところで合図と認識しなければ意味がありません。

つまり合図を使おうではなく、「合図と思ってもらえるように頑張ろう」です。



スワレという命令口調に抵抗を持たれる方もいます。でもそれは受け手側が判断することです。

スワレという言葉でも合図ととり喜んで実行するワンコはいくらでもいます。

時として赤信号が長い方がありがたいことだってありますよね。そんな時は命令ではなく合図に代わるのです。




最後までお読みいただき有難うございました。



  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 09:17Comments(0)しつけ

2017年03月12日

犬のしつけをするときは確証バイアスに気を付けて




皆さんこんばんは

先日、シーガイヤの前を通る機会があったのですが、オーシャンドームがすっかりなくなっていました。

あれだけ大きなものが壊すのはアッという間だなと一時代終わった感じがして寂しい気持ちになりました。

写真の背景はオーシャンドーム前の交差点から撮った写真です。

こちらは解体前の写真です



では今日のお話です。

「犬のしつけをするときは確証バイアスに気を付けて」

私は犬のトレーニング(しつけ)を行うときに、

いつも「これでいいか?」と疑うようにしています。

なぜかと言えばより良い方法で向上させた方が犬の負担が減るからです。

あともう一つ頭にあることは

「確証バイアス」

です。

確証バイアスとは
確証バイアス(かくしょうバイアス、英: Confirmation bias)とは、認知心理学や社会心理学における用語で、仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/確証バイアス


例えば

トランプ大統領とパククネ元大統領
良いか悪いかは別にして、二人には反対派と賛成派が存在するようです。
この反対派や賛成派の人にも確証バイアスがかかっているようです。
反対派の人は相手の悪いところを特に認知しますし、賛成派はその逆です。


こんな話も

血液型占いを信じる人は
A型らしいB型らしい情報を特に認知してさらに記憶します。


自分が運が悪い人間だと思いこむと「運の悪いこと」ばかりが目についてしまう


などなど
例を挙げだしたらキリがりません。


犬をトレーニングするときにも起こりやすいのが確証バイアスです。


どんな時に

吠える原因は「トイレに行きたいとき」と考えます。トイレに連れてくと実際におしっこします。
そうなると自分の考えは犬から肯定されます。すると益々犬は吠えるようになります。
単純に構ってほしくて吠えているときもあるはずですが・・・・・


うちの犬は散歩を嫌がると仮説を立てます。
止まる度に嫌なんだと思い、抱っこしてあげたらますます止まるようになります。
「止まると飼主さんが言うこと聞いてくれる」と思っていたら・・・・


などなど例を挙げればキリがありません。


特に人間とイヌの間には確証バイアスがかかりやすいように思います。

これは情があるからだと思いますが、確証バイアスがかかることでしつけが上手くいかないこともあるのです。


大切なことは

仮説を立てるのは構いませんが、それに偏らないようにすること。

上手くいかないときほど、自分を振り返り確証バイアスがかかっていないか検証することが大切です。


でも「自信」も犬のトレーニングにおいて必要なファクターです。



最後までお読みいただいてありがとうございました。

何事も公平な目を持てるようになりたいです。

またいつでもお待ちしております



  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 17:50Comments(0)しつけ

2017年03月10日

原因と理由の違い




皆さん、こんばんは

今日は

「原因と理由の違い」

を書きたいと思います。ワンコと絡めながら書けたらと思います。最後まで読んでいただけると幸いです。


先日、解決策より原因が大切という話を書かせていただきましたが、原因に似た言葉に理由があります。

原因と理由の違いはどこにあるのでしょうか?


ここで皆さんに質問です。

どれがしっくりきますか?

A,犬が咬みついた理由

B,犬が咬みついた原因

C,犬に咬みつかれた理由

D,犬に咬みつかれた原因




どれも日本語的には間違ってなさそうですが、私的にはAとDがしっくりきます。

皆さんはどうでしょうか?


果たして私の感覚はあっているのでしょうか?

少し調べてみました。

先ずは言葉の意味から

げんいん
【原因】
《名・ス自》ある物事や状態をひき起こすもと(として働くこと)。 「この痛みは冷えが―している」
反義語:結果



りゆう
【理由】
物事がそのようになった、わけ。筋道。また、それをそう判断した、よりどころになる、またはする事柄。 「―が立たない」



うーん、難しいですね。


もっと調べてみると以下の記述がありました。

理由は主観的で原因は客観的
理由は感情も含まれるが原因は理性的

と書いてありました。

なるほど!

行動した犬の気持ちが理由で

行動を受けた側が考えたものが原因

ということでしょうか。


確かに理由というと感情的な表現をするし

原因と言えばもっと論理的というか科学的というか、、、そんな感じがします。



正直、ガッテンとは言えるほど理解は進んでいませんがなんとなくわかった気がします。


てことは、やはりAとDが正しいのかな?

質問しながらはっきりとした答えが言えずに申し訳ございません。もっと勉強します




最後までお読みいただき有難うございました。

今回、書いていることについて間違っているようでしたら指摘していただくとありがたいです。

では、またいつでもお待ちしております。  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 19:43Comments(0)しつけ

2017年03月08日

頭の良い「おバカタレント」の続き




頭の良い「おバカタレント」の続き

その答えはまさしく「おバカタレント」にあります。

「おバカ」は一般社会的にはマイナスに働くものです。上司の前であのようなトンチンカンな回答をすれば、評価は下がると思います。

でもタレントはその発言をします。それは自分とってプラスになる。つまり人気が出てお仕事がたくさん来るわけです。


犬も同じように怖がる行為がプラスには働くことがあります。

それは飼い主さんの存在です。

飼い主さんは犬が怖っているとなると、心配になり声をかけます。

声をかけることは注目することです。

注目することは御褒美の基本になるものです。

御褒美は行動を強化します。

そしてより雷を怖がることを是とするわけです。


ここまで書くと計算する行為が悪いように感じるかもしれませんが、そうではありません。

計算は犬でも人間でも世の中をうまくわたるスキルです。

驚くことに人間は「計算」を計算して行いますが

犬は計算を天然で行えるようです。


だからこそ、こんなに人間と仲良しになれました。



最後までお読みいただき有難うございました。

またのお越し、お待ちしております。



  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:35Comments(0)しつけ

2017年03月07日

頭の良い「おバカタレント」





皆さん、こんばんは

いつ頃からでしょうか?芸能界でいわゆる「おバカ」が一つの売りになったのは?

今となっては「おバカ」を売りにしたタレントが沢山存在しています。

そんな「おバカタレント」ですが、本当におバカなんでしょうか?

私はおバカだとは思えません。

トンチンカンな答えを言ったりしますが、厳しい芸能界で生き残ろうと思えば本当におバカであれば難しいと思います。

もちろん天然な方もいるとは思うのですが、ほとんどの方はいわゆる計算だと私は思います。


文頭からおバカおバカと連呼して申し訳ないのですが

この話はワンコに繋がります。

犬の問題行動の中にも天然と計算が存在します。

例えば雷を怖がる犬

同じ様に怖がっても天然と計算が存在します。(多くの飼い主さんが天然だと思っていますが、計算が圧倒的に多いのも事実です)

因みに天然の場合には音響シャイと言って病気に近いものがあります。

何故、計算で怖がる必要があるのでしょうか?怖がるというのは嫌悪的な感情なはずです。




次回に続きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

また次回お待ちしております。



  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 17:32Comments(0)しつけ

2017年03月02日

解決策より原因が大事!!




皆さんこんばんは

今年も3月に入りました。

就活開始のニュースがありましたが、

最近は給料とか仕事内容よりも、福利厚生を重視するんですね。

私の時代とはまた変わっているようですね。

(まともな就活、、、したことないですが)



では、本題へ


「解決策より原因が大事!!」


突然ですが、私はNHKで放送している

「総合診療医 ドクターG」

という番組が好きです。


番組の内容は簡単に言えば、

診察の様子や患者さんの様子映したVTRを見て、研修医が病名を当てるというものです。

研修医の教師役として現役のお医者様が出てきます。

「この病気じゃない?」と推測しながら見ていくのが楽しいです。(外れますが)



この番組の構成は犬の場合の問題解決に似ています。

番組内では症状の原因を探り、病名を当て、更には治療法も探ります。

犬の場合も同じです。

問題の症状に対して、原因を探り、問題解決に向けて動き出します。

この原因が分かったうえで対処するかどうかは非常に大切なことです。

病気の場合でも原因がわからなければ対症療法しかできません。


犬の場合も同じです。

吠えてるから叱る

噛みついたから叱る

では改善されたとしてもそれは偶然です。熱があるから熱冷ましを飲むと変わりません。


何故に吠えるのか?噛みつくのか?

それをじっくりと考えてからでも問題解決には後れを取ることはありません。


皆さんも愛犬に問題行動があるのであれば

どうしたら改善するだろう

と考えるよりまず

「なぜこんなことをするんだろう」

と原因を探ってみてください。

原因は必ずあります。

そして原因の多くは

飼い主さんが握っていることも事実です。




最後までお読みいただきありがとうごいました。
また読んでいただけると嬉しいです。
スクールでは問題解決のためのカウンセリングを行っております。
原因をしっかりと探り、そのワンちゃんにあった解決策を提案させて頂いています。
いつでもお気軽にご連絡下さい。



  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:00Comments(0)しつけ

2017年02月21日

「なぜ犬は人間が悪いと判断することばかりを覚えるのか?」

皆さん、こんばんは

前回の続きです。

前回は犬が善悪の判断はできないこと

だから悪いことばかりを選んで覚えることはできない

書きました。

その続きです。(文中に善い悪いと言葉が出てきますが、これはすべて人間の判断だと思ってください)

犬は善悪の判断はできませんが、人間はできます。

さらに

「なぜ犬は人間が悪いと判断することばかりを覚えるのか?」

実際に犬は飼い主さんが悪いと判断するものを早く覚える傾向にあります。

その原因を3つに分けて解説いたします。


原因その①

原因の一つとして考えられるのは、学習効率の違いです。

人間が悪いと判断することを、わざわざ愛犬に教えようとすることは普通はしません。

悪いことは大抵の場合、自己学習によるものです。

自己学習は受け身の学習より効率が格段にいいのです。

例えば

子供はゲームが好きです。だれに言われなくても覚えようとするし覚えるのが早いです。

一方、掛け算九九はいかがでしょうか?「覚えないさい」と言われてもなかなか覚えることができません。(私もそうでした)

こんな感じで、自分で行動して自分で学習しようとしたことは覚えるのが格段に早くなります。

だから、悪いことを早く覚えるのです。


原因その②

とは言っても犬は悪いことばかりを行うわけではありません。善い行いも当たり前ですがします。

ではなぜ悪い行いばかりになっていくのでしょうか?

それは動物の特性に関係しています。

人間を含め動物は相手がした行動が自分にとって不利益であり、修正可能だと判断すれば修正しようと努力します。

一方、善い行いというものはスルーしても、相手にとってその場では影響ありません。

つまり、人間は自分にとって不利益だと潜在的に感じたものには反応するようにできているようなのです。

さらに犬の特性として無反応よりも反応を好む動物です。

少なくとも無反応よりも反応する行動の方が覚えやすくなります

例えば無駄吠え

犬が吠えるという行為は人間に不利益をもたらすことがあります。

うるさい、近所迷惑などです。

反応してはよくないと思っていても反応してしまいます。

このように反応してくれる悪いことが頻発するようになります。


原因その③

認知度の違いです。

認知度とは人間が感じれるかどうかです。

一般的な犬の悪い行動を思い浮かべてみてください。

無駄吠え、飛びつく、噛みつく、粗相する、ガジガジ、引っ張る

どうでしょう?認知度が高いと思いませんか?

これは原因②にもつながることですが、認知度が高いから反応してしまうということも言えそうです。




以上が私が考える

;「犬は人間が悪いと判断することばかりを覚える」

の原因になります。



いかがでしたでしょうか?

原因がわかれば、結果も変えることができます。

結果をコントロールできればみんなハッピーです!!

最後までお読み頂きありがとうございました。
少しでもお役に立ちましたら「いいね」お願いします。
  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:11Comments(0)しつけ

2017年02月20日

なぜ犬は悪いことばかりを覚えるのか?

皆さんこんばんは

今日も朝から暖かったですね。

今日はしつけ的要素を盛り込みながら皆さんにお届けしようと思います。

少し、長くなりそうなので分けて書かせていただきます。


「なぜ、犬は悪いことばかりを覚えるのか」


犬を飼ったことがある方であれば一度は思うこの悩み

「一生懸命に教えようとすることは覚えないで、

悪いことはすぐに覚えてしまう」

よく聞く話です。


でも

この世の中に悪いことばかりを早く覚えることのできる犬は1頭もいません!!


では、ゆっくりと解説していきます。



そもそも

皆さんにとって

犬の悪いこととは何でしょうか?

無駄吠え、盗み食い、家具をガジガジ、引っ張る、噛みつく

などの問題行動と言われるものではないでしょうか?


私が今回のテーマを否定できるのは大きな根拠というか

まずもって皆さんに知っていただきたいことがあります。

それは・・・・

犬には善と悪の判断ができないということです。

なので

「これは悪いこと、飼い主さんを困らせてあげよう!」

なんて考える犬はいません。

(少なくとも現在の科学的知見からは犬には善悪の判断はできないとされている)


そもそも、善悪という判断基準は非常に曖昧であり、人の考えに左右されるものです。

泥棒を噛みつくのは善?、飼い主を噛みつくのは悪?

同じ噛みつくという行動でも善悪がわかれる・・・・


んー


長くなるので話を戻します。(また機会があればお話しします)

善悪の判断のできない犬に対して

「なぜ犬は悪いことばかりを覚えるのか?」

という問いは「当てはまらない」ということになります。



でもここで終わるわけにはいきません。


では

人間的判断基準に基づいたらどうでしょうか?

つまり質問をこう変えます。


「なぜ犬は人間が悪いと判断することばかりを覚えるのか?」


事実、犬は人間が悪いと思うことを早く覚える傾向があります。

それは何故でしょうか?

いくつかの理由に分けて次回お話しします。


最後までお読みいただいてありがとうございました。
出来るだけ早く次回も仕上げます。
少しでも役に立ちましたら「いいね」いただけると嬉しいです。
この記事についての質問等もコメント欄で受け付けてます。
  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:00Comments(0)しつけ

2017年02月05日

猫と犬 どちらが賢い?




皆さんこんばんは

今日のお題です。

「猫と犬、どちらが賢い?」

動物界における最大のライバルでもある猫と犬

人間も猫派と犬派に分かれる程です。

そんな中

「猫と犬ではどちらが賢いのか?」

は永遠のテーマでもあります。

犬派の人に聞けば、「断然犬のほうが賢い」といい

猫派の人に聞けば、「猫だって負けない」といいます。


さて、実際はどうなのでしょうか?

去年からひょんなきっかけで猫も飼うことになったドッグトレーナーの私の考えを書いてみたいと思います。



まず答えを出す為には

「賢い」とは何か?定義づけしたいと思います。

「賢い」とは”頭がよい。才知がすぐれている。利口だ”という意味のようです。(グーグル調べ)


頭が良いのはどっち?

てことで差支えないようです。


犬と猫と接する中でどちらが頭が良いと感じるか?

「正直、頭の良さはあまり変わらない」と感じています。

猫も犬も自分が生きるうえで有利になるように常に考えているようですし、その考えもどちらも的を射てるように感じます。


では犬と猫は何が違うのでしょうか?

それに関しては「社会性」と「独立心」という言葉で説明がつきます。

社会性が強いのは犬です。

独立心が強いのは猫です。

飼い主の顔色を伺うのは犬です。

一人でも平気なのは猫です。



人間的な例えをしてみましょう

猫も犬も頭の良さは一緒です。(どちらも知性は人間の2~3歳といわれます)

猫はおひとりさまが大好きです。一人焼き肉や旅行も一人で行けます。自分の考えをしっかりと持っており芯があります。たまに自分勝手だと勘違いされることもあるようです。

犬は友達がたくさんいます。一人よりもみんなでワイワイガヤガヤが大好きです。自分の考えよりも周りを優先して動きがち。たまに八方美人といわれることもあるようです。


人間もそれぞれが様々な考えを持っています。でもその考え方で頭の良し悪しが決まるわけではありません。

それと同じです。



皆さんは猫と犬どちらですか?


私は犬派の犬のような猫のようです。ないものに惹かれるんでしょうか?



最後までお読みいただきありがとうございました。
2日に1回更新しています。また読んでいただけると嬉しいですスマイル

  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:00Comments(0)しつけ

2016年06月26日

耳かきとワンコ2

みなさん、こんばんは

今日は天気がよく、比較的過ごしやすかったですね。

さて今日は前回の続きです。
(前回の記事はこちら

前回の記事で
「力を抜くと痛くない
意識しなければ感じない」
と書きました。

ワンコもこのような事がよくあります。
例えば
痛くもないように触っても、過敏に反応するワンコがいます。
なぜ過敏に反応するのか?
それは力が入っているからで、意識しているからです。


さてこの
「耳かき理論」
をどのようにトレーニングに生かすと良いでしょうか?

人間にしろワンコにしろ
リキミがイタミを生むことがあります。

耳かきの場合は子供のリキミ
ワンコの場合はワンコ自身のリキミ

ではそのリキミは何処からやってきたのでしょうか?
1つは経験です。
経験の中で痛みを感じたことがあることに対してはリキミが発生します。
(注射をされるとき、大人になれば泣きはしませんがリキミが入らない人は少ないかと)

もう1つは
リキミの伝染です。
リキミの伝染とは自分のリキミが相手に伝わることです。
耳かきであれば母親のリキミ
ワンコであれば人間のリキミ
が子供やワンコに伝わるわけです。

耳かきを嫌がることが分かっているから、危険の防止のために母親に力が入る
触ると過剰に反応することが分かっているから、触る手に力が入ってしまう

耳かきの場合は子供相手なので「力を抜こう」とアドバイスできます。

ワンコのリキミを取るためには?

人間が脱力することです。


全然、意味が違うと思いますが
武道の世界で「柔よく剛を制す」と言う言葉があります。

ワンコの何かを改善するときも
リキミよりも脱力が功を奏すことがよくよくあります。


もっと簡単に言えば
「押して駄目なら引いてみろ」です。


余談
「柔よく剛を制す」
と言う言葉には続きがあるようです。
「剛よく柔を断つ」
つまりそれぞれに良いところがあると言うことのようです

表が裏であり、裏が表
見たいな感じですね。

勉強になります。
  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 19:22Comments(0)しつけ

2016年04月05日

人は何故、鳩に餌をやるのか?

皆さんこんばんは
やっとみやざきの桜も満開になった様です。
今年は何か変ですね。
災害の前触れでなければ良いのですが


さて今日は
「人は何故、鳩に餌をやるのか?」

、、、、、

そこのあなたキョトンとせずに最後までお付き合いください



それは平和の象徴
ハト
それは糞害の代表


公園や橋の下などに群れになっている鳩

皆さんは鳩に餌をあげた事がありますか?
橋の下などでご飯を食べていると目ざとくやってくる鳩
そのしつこさに負けて、餌を与えた方もいらっしゃるのでしょうか?

ちなみに私は仕事上衛生の問題で
「シッシッ」

「鳩おばさんに困っている」
というニュースを見かけました。
注意しても鳩に餌を与え続けるために糞害が出ているとのことでした。
この様なニュースは時々耳にしますし、身近な問題でもあります。

さてこの鳩おばさんは何故、餌を与えるのを止めないのでしょうか?
「自分勝手」だからと言ってしまえば簡単ですが、
ワンコのしつけ的観点から探っていきます。

先ずはやめて欲しいという近所の方の意見は理解しているのでしょうか?
まずこれは理解できていると思います(言葉の意味として)

理解しているのに何故、止めないのか?
これは様々な事が考えられます。
近所の人が嫌い(嫌がらせ)
鳩を愛してやまない
鳩に癒しを求めている
みんなに構って欲しい

理由は上げたらきりがありません

「やめろ」
というのは非常に簡単です。しかし餌をやる理由によっては無意味になったり逆効果になることもあります。

実はワンコの問題行動も同じです。
「やめなさい」は簡単です。
しかし大切なこと何故それをするのか?です。
それを考えてから「やめなさい」でも遅くはないはずです。
  

Posted by HTH DOG SCHOOL at 19:32Comments(4)しつけ