宮崎県宮崎市で活動中のドッグトレーナー「HTH DOG SCHOOL」の活動ブログです。

宮崎県宮崎市で活動中のドッグトレーナー「HTH DOG SCHOOL」の活動ブログです。

イヌ1 イヌ2 イヌ3 イヌ4 イヌ5
 › ドッグトレーナー HTH DOG SCHOOL › 日記 › 犬はテレビを見るのか?

2017年03月15日

犬はテレビを見るのか?

犬はテレビを見るのか?


皆さん、こんばんは

前回はどうでもいい話でしたが

今回は皆さんに「へー」と言ってもらえればと思います。


お題は

「犬はテレビを見るのか?」

です。


スクールのお客様のワンちゃんで明らかにテレビを見ているなと思えるワンコがいます。

確かに「見ているな」と感じる根拠は犬がテレビに映ると明らかに反応が変わり、一目散にテレビの前に跳んで行くからです。


でも、テレビに全く反応しない犬もいますよね。

テレビから出る吠え声に反応するワンコはよくいますが、明らかにテレビを見るワンコは珍しいと思います。


では、犬にとってテレビというのはどんな存在なんでしょうか?

犬でも人間のように映像として捉えることは可能なのでしょうか?


出来るだけ分かりやすく解説します。

先ずはテレビの仕組みから

テレビというのは光を連続して放つ箱だと思ってください。

その光の入れ替えが1秒に10回程度であれば

「ちらちらした光がテレビに映っている」

となります。

ところが1秒間に60回程度であれば

「映像が流れた」

となるわけです。

今では見なくなりましたが、ブラウン管テレビが一秒間あたりのコマが60枚らしいです。

なので映像が流れるように感じるようです。

人間は・・・・・

人間はです。人間は一秒間にどれだけ点滅したら、連続する光に見えるかの実験を行うと平均が55回らしいです。

(本当はちゃんとした呼び方があるようですが、わかりにくくなるので使いません)

人間の場合は55回なので60回のブラウン管テレビは流れる映像です。

ではワンコは

ワンコの場合は平均75回です。

75回なのでブラウン管テレビは犬にとっては流れる映像ではなく、チラつく光に見えるようです。


では犬にはテレビは見えないのでしょうか?


いいえ、人間は進歩しました。

ブラウン管からデジタルテレビへ

デジタルテレビになったことで、光の点滅はより早くなり、より滑らかな映像を手に入れたわけです。

デジタルテレビになったことで、犬の能力を凌駕してワンコにもテレビが光を放つただの箱から、ワンコを閉じ込めることが出来る不思議な箱となったわけです。


もちろん、人間とイヌとでは色覚が違うので人間のように色鮮やかには見えていませんが・・・・

映像が流れていることは認知できるようです。



以上がテレビを見る犬の真相です。

いかがでしたでしょうか?

「へー」と思ったら「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです。



同じカテゴリー(日記)の記事画像
平成はお世話になりました。令和もよろしくお願いします。
息子たちが歯ブラシ離してくれないので犬式を試してみた
4月末から5月に掛けての10連休について
新しい元号は???
早くも3月
3月からPayPay決済導入します。
同じカテゴリー(日記)の記事
 ネットワークカメラを買ってみた (2019-05-08 21:50)
 平成はお世話になりました。令和もよろしくお願いします。 (2019-04-30 18:00)
 息子たちが歯ブラシ離してくれないので犬式を試してみた (2019-04-13 17:49)
 4月末から5月に掛けての10連休について (2019-03-28 18:00)
 新しい元号は??? (2019-03-23 18:00)
 早くも3月 (2019-03-10 22:20)

Posted by HTH DOG SCHOOL at 18:00│Comments(0)日記
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。