宮崎県宮崎市で活動中のドッグトレーナー「HTH DOG SCHOOL」の活動ブログです。

宮崎県宮崎市で活動中のドッグトレーナー「HTH DOG SCHOOL」の活動ブログです。

イヌ1 イヌ2 イヌ3 イヌ4 イヌ5
 › ドッグトレーナー HTH DOG SCHOOL › 日記 › しつけ › 健康 › ストレスをストレスと感じるのは本人だけ

2015年08月25日

ストレスをストレスと感じるのは本人だけ

こんばんは
久しぶりに台風らしい台風が来ましたね
風の音で早起きしてしまいました。

スクールは通常通りに営業することが出来ました

今日のお題はズバリ
「ストレス」
です。
(リーダー論の続きは後日アップします。)

最近テレビでよく
「ストレスの多い世の中になりましたからね」
という意見を良く耳にします。

私はこの言葉にいつも疑問を感じます
「本当にストレスの多い社会になったのだろうか?」
「ストレスをストレスと感じる人が多くなったのではないか?」


実はこのことは犬にも当てはまります。
「ストレスをストレスと感じるワンコが増えたな」



そもそもストレスとは物理学の言葉らしいですね。
物体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態
らしいです。
つまり外部から圧力により心がゆがんでいる状態がストレスを受けている状態のようです。

現在においてはストレスが原因となる病気が多くあります。
これも事実

「でも本当にストレスが多くなったの」


日本は終戦70年を迎えました
戦時中は今よりもひどいストレスがあったのではないか?
明日生きれるか分からない
食べれるか分からない
こっちのほうが強いストレスに感じます
もちろん私は専門家ではないので詳しくは分かりません。

そのように切羽詰った問題はストレスとして認定しないのかも知れませんし・・・

この辺は書いていると大変なことになるのでは分かる方がいたら御教授ください


私は現在31歳
同年代の方と比べるとストレスは少ないほうだと感じます。
自営業で好きなことやって生活出来てることが大きいのかなと感じます。

それともうひとつ
私もストレスだろうと思われる場面はあります。一応・・・
しかし私の中ではひとつの考えが
「ストレスをストレスと捉えられるのは自分だけ」
もっと言えば
「ストレスをストレスに出来るのは自分だけ」

あれ?
言っていることが同じような
つまりこうです。
誰かが私に故意にストレスを与えようとするとします
誰かさんは私にストレスで病気になってしまえと思ってるとします(あくまでもたとえです)
でも私自身がそのストレスを
「ストレスだー」
と感じなければストレスにならないんじゃないか?

ストレスをストレスと認定してあげる

これは自分しか出来ません
他人には絶対出来ないことです。

私はストレスの少ない生活を送っているのでストレスの多い生活を送っていらっしゃる方から言わせれば
「何言ってるんだ」
と思われるかも知れません



ストレスを表現するときにこんな例えをされます。
風船があってそれを指で押すと風船がゆがむ、その状態がストレス
ではその風船を歪ませる指の力と同じ力を内側からかけたら?
風船じゃなくて鉄球だったら?
風船がつるつるしてたら?

すみません幼稚な発想で・・・


さてここからはワンコの話
私はカウンセリングの依頼を受けています
ワンコの問題行動のアドバイスを飼主様に伝えます
そうすると良く耳にする言葉は
「犬のストレスになりませんか?」
そんなときは答えます。
「ストレスになるかもしれませんし、ならないかもしれません。ワンコが決めることですから」
まーなんて答えでしょう無責任な
その後に
「現在よりはストレスの量は減りますよ」
と言うのですが・・・
詳しい話をすると長くなるのでやめますが
実は皆さんが良かれと思ってやっていることが犬のストレスになっていることが多くあるのです。


前に書きましたが
ワンコもストレスに弱くなっているように見えます。

なぜ、ワンコはストレスに弱くなったのでしょうか?

ここから先はあくまでも私の推測です。

それは色々な経験をすることがなくなったらではないでしょうか?
私の持論ですがワンコは色々な経験を積むことで心が成長します。
経験とは喜怒哀楽様々なことです。
喜怒哀楽様々な心の揺れを経験することで心が強くなる
その経験が昔に比べると減ってきたのではないか?

例えば分離不安症候群という問題行動の原因に繋がるものがあります。
分離不安症とは飼主さんと離れると震えたり、鳴いたり、家具を咬んだりする問題行動の1つです。
現在は家の中で犬を飼うことは何も不思議ではない時代になっています。
しかし、一昔前は「犬は外」という考え方が当たり前でした。
外で飼っているわけですので飼い主と接する機会は少ない訳で分離不安に陥る可能性は低くなるわけです。

私はワンコのトレーニングはスワレやフセの形を教えるだけでなく
心の修行と思っています。(実は飼い主さんの心の修行にも)
初めは落ち着きがなかったり、ビクビクしている子でも
何かを教えられる経験を通すことで
心に余裕が出来る子はたくさんいます。


もちろん、経験が少ないからと言ってすぐに問題行動に繋がるというわけではありません。
ただ非日常(災害など)の生活においてストレスに弱い子と強い子では
その際に受けるストレス量は雲泥の差があると思います。


注・人間の場合は本人も気づかないストレスというものがあるらしいので
単純なことはいえないようです。





同じカテゴリー(日記)の記事画像
台風、大丈夫でしたか?
台風10号接近中!!
「お盆」に関するお知らせ
車内閉じ込めは厳禁!!
私が使っている犬用品を掃除するための洗剤
電子レンジもドッグフードもピンキリ
同じカテゴリー(日記)の記事
 台風、大丈夫でしたか? (2019-08-17 00:01)
 台風10号接近中!! (2019-08-13 22:49)
 昆虫入りのドッグフード (2019-08-10 14:33)
 「お盆」に関するお知らせ (2019-08-07 22:23)
 車内閉じ込めは厳禁!! (2019-08-04 17:03)
 私が使っている犬用品を掃除するための洗剤 (2019-07-26 22:10)

Posted by HTH DOG SCHOOL at 19:35│Comments(0)日記しつけ健康
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。